Auto CADと仕事

Auto CADはこの数年、建築関係をはじめとして多くの人々が知るようになったパソコンソフトといえます。
以前は建築物を作る際には必ず設計図を作るため手書きですべて作成していましたが、Auto CADの普及によって設計そのものが非常に便利になりました。
以前のように手書きの図面というのはあくまでも平面上で想像することしかできませんがCAD であれば、立体的に見ることができます。
そのため、これから建築物を建てる人には非常に役立ち、イメージトレーニングをするにもさらに手を加えるにも助かる存在となってくれます。

建築関係に携わる人々をはじめとして、その他自宅でSOHOなどをする人にも普及しているソフトといえます。
使い方そのものはさほど難しいものではなく、会社勤めをしていなくても個人で収入を得ることができます。
ただしAuto CADにも様々な種類があり、ソフトによってどこまでの設計図を作ることができるのかが違っています。
可能な限り本格的に作りたいと思っているのであれば、やはりグレードの高いものを選ぶ必要が出てくるでしょう。

図面を作る側としては建築物を想像するのもたやすいことですが、素人には想像することら難しかったため、近年ではCADによって素人でも図面作成の段階で楽しめるようになりました。
ただし使用する際には必ず手直しの方法や、万が一にトラブルが生じてしまった場合などの対処方法について、しっかりと把握しておくようにしましょう。
特にお仕事で使用する際にはソフトの特徴を掴んでおくことがとても大切になります。


[外部リンク]
DWGファイルを編集するのに最適なAutoCAD互換性ソフトです → AutoCAD 互換

Copyright © 2014 autoCADの普及について All Rights Reserved.